山本亜希メンタルクリニックのブログ ~千代田区 九段下より~
個人のFacebookに投稿しておりましたが
多くの方に反響をいただきましたので、
こちらでも共有致します(一部改変)


世界中で猛威を振るっているコロナウイルス感染症。

正しく敵を知ってこそ、立ち向かうことができると信じていますが
巷にあふれる玉石混交の情報の渦におぼれそうな方も多いと思います。


感銘を受けた

「わかりやすく」
「シンプルに」
「偏りなく」

まとまった感染対策等々の資料を共有致します。


どれだけの情報を、どれくらいの頻度で仕入れて
取捨選択をどのようになすべきか?

誰かにとっての正解が、別の誰かにとっては不正解だったりするので
とても難しい局面だなとしみじみ感じています。

そしてこれまで何も考えずに享受していた
健康と安全のありがたさも。

既にここが情報過多になっている感も否めませんが💦
どなたかのお役に少しでも立てたら幸いです。


__________________

ぬまがさワタリさんによる
イラスト図解! これが新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)だ



ユーモアたっぷりのイラストで
わかりやすくウイルスの生態や対策の基本を紹介

※理解のしやすさを優先して簡略化されています。
 すこしだけ気になる箇所があるので、記事の最後で簡単に解説。(注1)
__________________

宮沢孝幸医師(京都大学)によるフライヤー

何に気を付けて行動するべきかシンプルに記載。

__________________

早川(眞鍋) 葉子医師によるFB投稿
「コロナ感染から身を守る方法」


実践的でわかりやすい、平易な言葉で書かれた記事です。

どの程度ウイルスが残留するかについては「72時間」との断言はどうやらできない見込みとの論文もあり。
概略を下部に記載しております。

__________________

「山中伸弥による新型コロナウイルス情報発信」

エビデンスの確からしさによる情報分類、
書籍の紹介等が役に立ちます。

__________________

玉井道裕医師(諏訪中央病院)による
新型コロナウイルス感染をのりこえるための説明書


時折専門的表現もありますが
図表を多用し、多くの方にわかりやすく訴えかける資料です。

●前編:一般的知識 
●後編:爆発的流行に際しての心構え
●続編:地方に住んでいる方のために(4/10発表)

__________________

新型コロナウイルス感染症に関する専門家有志の会

一般的知識、日常の過ごし方
体調不良時の過ごし方
集中治療が必要になった時のための準備

__________________

東洋経済オンラインの国内の感染状況の図表


日別、累計に切り替えて視覚的に状況を把握できます。

__________________

神奈川県医師会の声明文


軽率な行動をとる若者、マスコミに惑わされて不安な方向けの提言

__________________

自営の方、生活に困窮している方へ
融資制度や助成金のご案内


最新の情報をチェックし、早めの準備をしておくことをお勧めします。

__________________


【以下は医療従事者向け、難しい表現がやや多めです】

__________________

白木公康 医師・木場隼人 医師
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のウイルス学的特徴と感染様式の考察 


このページから
COVID-19治療候補薬アビガンの特徴
COVID-19を含むウイルス感染症と抗ウイルス薬の作用の特徴
にもリンク貼られています
__________________


追伸 
(注1)
最初にあげたぬまがさワタリさんの資料
とてもわかりやすくまとまっているのですが
3ページ目の「感染力」のイラストは検討が必要と感じます。
掲載のイラストですと「感染者が必ず倍々ゲームで増えていく」
かのような印象を受けられるのではないでしょうか。

更なるエビデンスの集積が待たれますが、
現在のところは
「感染した人のうち、他人には感染を広げていない者が8割程度」との認識をもっておくといいと思います。


(注1)

「コロナ感染から身を守る方法」の補足

4/2に科学雑誌に掲載された論文によれば(概要こちら
物質表面にコロナウイルスがとどまる時間は単純に「72時間」とはいえない可能性があります

【 超概略 】

コピー用紙・ティッシュペーパー→3時間後には検出されず

木材・布→2日後には検出されず
紙幣→4日目には検出されず

ステンレス・プラスチック→7日目には検出されず

※「一定の条件下で感染性のあるウイルスの検出される時間的限界」を示すあくまでもサンプルです。
 「ウイルスの付着した物体に接すると必ず感染する」ということでもないですし、「この時間経過していたら絶対安全」とも言えません。ウイルスの量、気温、湿度等の条件で変わってくる数値なので、あくまでも一つの目安として。

【 端折り過ぎの研究結果一部抜粋 】

ウイルスを含んだ溶液をしみこませた様々な物品の
室温22度、湿度65%の環境下で
一定時間(30分、3時間、6時間、1日、2日、4日、7日)経過後の観察では

コピー用紙とティッシュペーパーの表面では、30分後まで感染力を持つウイルスが検出されたが、3時間後には検出できなくなった。

木材の表面と布の表面では、3標本のうち1標本にのみ、1日後まで感染力を持つウイルスが検出されたが、2日目には全ての標本が陰性になっていた。

一方で、紙幣表面では2日後まで(4日後には陰性化)、
ステンレス表面とプラスチック表面では4日後まで(7日後には陰性化)、感染性のあるウイルスが検出できた。

【 消毒はとても有効 】

家庭用の漂白剤でもウイルスの除去に効果あります!
 

2020.04.13 Mon l おしごと l top
(Facebookに投稿した記事を一部編集して再掲です)

新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、緊急事態宣言が発令されました。

感染のリスクを下げるには家から出ないのが一番。
とはいえ、生活をするためには外部との接触を完全にゼロにはできません。
「不要不急の外出」の線引きは誰もが頭を悩ませるところかと思います。

当院は現在のところ、感染症対策に力をいれつつ通常通り診療を継続しております。
(一時的な診療時間の変更をさせていただく可能性もございますので、最新の情報はTwitterをご参照ください
https://twitter.com/yamamotoaki2013

困った方に手を差し伸べる、援助をする、回復を助けるという医療機関としての役割を果たし続けられるよう、
健康管理と感染防御にこれまで以上に気をつけて過ごして参ります。

外出を控えたい方、電車でのご移動に不安を感じる方も多いと存じます。
可能な限り柔軟に対応しますので、お電話にてご相談ください。

わたし個人は、生活するうえでこんなことを心がけています。

1.移動は徒歩か自家用車。電車、地下鉄には2月下旬から乗っていません。
2.食事の時間以外はマスク着用
(一度外したものはビニール袋に入れ捨てる)
3.顔を触らない
4.人との距離は可能な限り2メートル以上あける
5.誰かが触れたもの(ドアノブ、エレベーターのボタン、買い物カゴやカート、お金等)に触れたら即手洗い、洗えなければ消毒用エタノールで手指消毒
6.人ごみには行かない
7.外出から戻ったらすぐに着替えて洗濯、シャワーを浴びる、携帯電話をアルコールで清拭
8.たくさん食べてたくさん寝る
9.家の中でもできる楽しみを見つける
今すぐできなくても楽しいことを考えれば免疫力も上がるはず!
(語学の勉強、筋トレやストレッチ、料理、お菓子作り、手芸、パズル、書道、カリグラフィー、
楽器の演奏、譜読み等々)
10.興味があったけれども手を付けられなかったことに取り組むチャンスと考え、勉強する
(囲碁、将棋、麻雀、俳句
ルールのよくわかっていないスポーツ:ラグビー、カーリング等)


クリニック内では、上記に加え

1.常時換気
2.待合室の椅子の間隔を広げ、スタッフ含め5人以内しか待機できないよう予約の厳密なコントロール
3.患者さん、業者さんなど来訪なさる方全員に消毒用エタノールによる手指消毒の依頼
4.ドアノブや机、椅子、ボールペン等共用物品の頻回なアルコール消毒
5.水回りの次亜塩素酸による清掃
6.毎日の診療終了後、オゾンによる除菌消臭(ウイルスを死滅させる効果があると報告されています)


やり過ぎかもしれませんが、今は過剰なくらい気をつけても損はないと思っています。

今年の桜は、どこか悲しい気持ちでただ通り過ぎるだけでした。

この難局を乗り越えて、次の春は笑って大切な人達と集まることができますように!


2020sakura.jpg
2020.04.13 Mon l 診療 l top
【クリニックの診療状況】
初診・再診ともに通常通り診療しております。
緊急事態宣言が解除された場合の対応については、厚生労働省の指針に基づき決定いたします。
基本的には、従来通りの対面診療にて診察を行います。

【再診の皆様】
各自治体の外出自粛要請や精神症状等によっては外出が難しくなる方につきまして、
まずスタッフまでお電話かメールにてご相談ください。

★再診の受入れ状況:基本的には対面診療です。
ただしご来院が難しい方やCOVID-19の感染疑いがある方、濃厚接触者の方は電話診察の対応が可能です。

【初診をご希望の皆様】
院内感染防止の観点から、待合室の過度な混雑を避けるため、
お一人でのご来院をあらためてお願い申し上げます。
お付き添いの方がいらした場合、クリニック外でお待ちいただきますのでご了承ください。

★初診の受入れ状況:診療科特性・インフラ設備の点から電話診察には対応しておりません。対面診療のみです。



※尚、開院以来、当クリニックは完全ご予約制で診療を行っているのため、
比較的、普段から待合室が混雑することはありませんが、
他患者様との接触を可能な限り少なくできるよう、今まで以上に予約管理を徹底しております。

2020.03.27 Fri l スタッフからのお知らせ l top
皆様、こんにちは!
山本亜希メンタルクリニック受付スタッフでございます!

まずは、ご報告と御礼から…

おかげさまで、3月2日月曜日~
山本院長、無事に診療復帰しております!!

皆様には長らくご心配とご不便をおかけし、誠に申し訳ございませんでした。
また、そんな中でも、我々スタッフへの優しい励ましや、暖かいお言葉はもちろん、
混雑時の順番調整へのご協力など、本当にありがとうございました。
スタッフ一同、あらためて心より感謝申し上げます。



さて、院長の復帰とともにクリニックには活気が戻ってまいりましたが、
反対に九段下近辺はとっても閑散としています…。
毎年、この時期は武道館で大学の卒業式が連日行われるため、
艶やかな袴姿のお嬢さん達で大層賑わうのですが、
新型コロナウイルスの影響で続々と中止になってしまい。。寂しいかぎりですね。


新型コロナウイルスについては、感染の心配はもちろん、
お子様の休校やご自身の勤務変更などの環境変化、
物品の不足や物流の遅滞など…皆様もずいぶんご心配だと思います。


とにかく一日も早い収束を願いつつも、
医療機関として感染拡大防止のため、
当クリニックでは以下の対策をとらせていただきます。
どうぞご協力のほどをお願い申し上げます。


【新型コロナウイルス感染症対策について】

現在、当クリニックでは新型コロナウイルス感染症対策として、
厚労省の指針に基づき、以下の対応をしております。

①医師・スタッフのマスク着用
②院内の消毒作業
③換気


皆様には、ご不便をおかけいたしますが、何卒、ご了承くださいませ。

また、以下に当てはまる方は、ご来院前に必ずお電話にてお申し出ください。
院長の判断により、ご来院の調整等をお願いする場合がございます。
あわせて、最寄りの保健所等にある「帰国者・接触者相談センター」へも電話でのご報告及びご相談をお願いいたします。

★風邪の症状や37.5度以上の熱が
 4日以上続いている方
★強いだるさや息苦しさがある方
★中国はじめ感染者確認国へ
 直近1か月以内に渡航していた方


当クリニックは、小規模な診療所であり、
重症化しやすいとされる、高齢の方や基礎疾患がある方、妊婦さんなども通院しております。
そのため、院内感染を防止すべく、慎重な対応をとらせて頂いております。

感染の疑いがない方であっても、
マスクの着用や、手洗いもしくは手指消毒をお願いする場合がございます。
どうぞ、感染拡大防止にご協力をお願いいたします。

また、診療科の特性上、精神症状によっては外出が難しくなる方もいらっしゃるかと思います。
その際は、まずスタッフまでお電話にてご相談ください。


2020.03.10 Tue l スタッフからのお知らせ l top
当院では、初診の患者さんに医師の診察時間をしっかり30分確保しております。
そのため、誠に申し訳ありませんがお引き受けできる患者さんの人数に
制限が出てしまいます。
必要な方にできるだけスムーズにご受診いただけるよう
診察可能日の目安をご案内いたします。

急なキャンセルや変更などで空き状況は変化します。
最新の情報は診療時間内にお電話にてお問い合わせください。




★★★初診の方のご予約可能日の目安★★★

※こちらは、はじめての受診をご希望の方向けのご案内です。
ご通院中の方はこの記事下部をごらんください。





ta135.jpg



※こちらは、はじめての受診をご希望の方向けのご案内です。
ご通院中の方はこの記事下部をごらんください。


初診お申込み用のメールフォームはこちら


当院ウェブサイトはこちら
です。








★★★再診の方の混雑状況のお知らせ★★★


当院では開院以来、「お待たせしない 丁寧な診療」を目指し、完全ご予約制で診療をおこなっております。
現在、新型コロナウイルス感染症対策として、他患者様との接触を可能な限り少なくできるよう、今まで以上に予約管理を徹底しております。
医療機関の一員として、少しでも皆様の不安を取り除けるよう鋭意努力を続けてまいります。


 
※こちらは、再診の患者さん向けのご案内です。
初診の方はこの記事上部をごらんください。



sa135.jpg

※こちらは、再診の患者さん向けのご案内です。
初診の方はこの記事上部をごらんください。


★再診の方用のメールフォームを設置しました。こちらです★


当院ウェブサイトはこちら


Twitterはこちら

初診さんの予約受付メールフォームはこちらです。

2020.03.10 Tue l 診療 l top