山本亜希メンタルクリニックのブログ ~千代田区 九段下より~
FC2ブログ
「待合室のドラセナが蕾をつけた」と記事を書きつつ
その後のご報告を怠っておりました。

ゆっくりと順調に蕾を膨らませて、
ついに…





こんな可憐な花が開きました!

しかし、噂に聞いていた通り
かなり香りの強いお花でございました。

待合室から診察室まで、十数メートルの距離をものともせず
ジャスミンを50倍濃縮にしたような香りが届いて
嬉しいやらちょっと戸惑うやら。

お花たちもいまはその役目を終えて、静かに旅立ちました。

次にお目にかかれるのはまた5年後か、10年後か…。

その時を待ちながら、一日一日を大切に過ごして参ります。
2017.12.28 Thu l 未分類 l top
来年2月で5周年を迎える当院。
オープンの時にお祝いで頂戴した観葉植物たちも、
皆さんに見守られながらすくすくと成長しています。

先日、待合室のドラセナが蕾をつけた!とFacebookに投稿しました。
11月24日の状態がこちら。
d1.jpg

そして、10日あまりが経過し…
d2.jpg

現在はこんなふうに姿をかえています。
夕方にだけ開くというドラセナの花。
いつの日かその姿を愛でることができるのでしょうか。



早いもので、今年も残すところあと一か月を切りました。
寒さが一日一日加速する中、
お世話になった方に思いを馳せたり
やり遂げたこと、やり残したことを反芻したりしています。

最近特に強く感じるのは、
メンタルクリニックは、まだまだ多くの方にとって敷居の高い場所なんだということ。

ここのところご来院いただいた患者さんのうち何割かは
「10年前から不眠症だった」
「3年前からずっと気分が沈んでいた」
というように、年単位で不調を抱えておられる方々でした。

心の不調は、長引くと自分自身のみならず
周囲の人間関係にも少なからず影響を及ぼします。
コンディションがよくないがゆえに、
身近な人に対して感情的になってしまったり、
優しくなれなかったり
疑ってしまったり。

支えてくれる人との関係が壊れてしまってからでは
回復に向けての道のりが長く険しいものとなってしまいますし、
「早めに治療を始めた方が回復も早まる」ということを
長年、この仕事を続けてきた身として肌で感じております。

先に述べたような、治療につながるのに時間がかかった患者さんたちからは

「病気だと決めつけられるのが心配」

「いきなり大量にお薬を処方されるような気がして怖かった」

という声がよく聞かれます。

もちろん、診断・治療は医師の大切な仕事です。
医療的介入が必要な方には治療のご提案もいたします。
(服薬に抵抗のある方も少なくないですから、
何度かご相談にいらしていただいた上で
薬物療法をスタートすることもございます。)
メンタル不調の治療は、まずは医師と患者さんの信頼関係を築くところが大切ですし
そこを駆け足でとばしていっても予後はよくないとも感じていますので…。

そして。
治療と同じくらい、もしかしたらそれ以上に
「病気に至る前の段階でご相談にきていただくこと」
「患者さんにとっての駆け込み寺としてクリニックが機能すること」も大切なことだと感じています。

仕事のこと、家庭のこと、自分自身のことについて思い悩み
少し体調を悪くした患者さんが受診されたとき
「お話をきいてもらって安心した」
「もしも、もっと調子が悪くなったらここに相談に来ればいいと思ったら気が楽になった」

そんなありがたい言葉を頂戴することもあります。
開業していて本当によかったと、心から思える瞬間です。

誰かに話すことで解決の糸口が見えたり
問題の整理が出来て気持ちが楽になることもあるでしょうし、
そのお手伝いをさせていただけたらと思っています。

眠れない、不安がある、イライラする、ドキドキするなどのお困りごとがある方。
ひとりで悩まず、まずは一度、ご相談に訪れてみてください。


当院Websiteはこちら。
Facebookにて、初診の方のご予約可能日の目安をお伝えしております。


2017.12.06 Wed l 診療 l top


激しく降っていた雨も上がり
診察室の窓からは綺麗な夕焼けが見えました。

このビルをお借りすることが決まったのは、5年前のちょうど今頃。

開業前の慌ただしく心も揺らぎがちな日々を
懐かしく思い出します。
「これから色々なことがあるだろうけど、
こんな素敵な風景をみながら働けるなら
なんだか乗り越えていけそうな気がする」
今思えば、まったくもって根拠は乏しいのですが
そんな気持ちがここをお借りする決意を後押ししてくれました。

9月も半ばを過ぎ、一日ごとに秋の気配が色濃くなっていきます。
日が暮れるのもずいぶんと早くなり、
仕事が終わる頃はもう外は真っ暗。
薄暗い空の色。
ほんの少し寂しい気持ちになります。

でも、その一方で、
オフィスビルに灯るたくさんのあかりや
忙しそうに行き交う車を眺めていると、
某コーヒーのCMではないですが
世界は誰かの仕事でできているんだなあ、
遅くまで頑張っているたくさんの人の力で世の中が動いているのだなあとも感じます。

忙しく働く方々が体調を崩した時
自由になる少しの時間を割いて、
少しでも早く治療を受けていただけたら。

そんな思いで、日々診療をしています。
2017.09.12 Tue l 診療 l top
40年にも渡って連載が続いた秋本治先生の人気漫画
「こちら葛飾区亀有公園前派出所」がもうすぐ最終回を迎えるそうです。

連載なさった期間の長さのみならず
先生がただの一度もお休みすることなく継続なさったという事実に、ただただ驚嘆です。
作品を生み出し続けるのみならず
体調管理、スケジュール管理も完璧に行っていたのでしょうね。

私も見習わなければなりません。


ここの更新も4か月以上あいてしまいました。

パソコンやタブレット、スマートフォンが普及し
ブログ、SNSなどのめざましい発展もあいまって
インターネットによる情報発信を誰でも気軽にできる時代になりました。

当クリニックも様々な手段で診療に関する情報を発信しています。

ウェブサイトでは、できるだけ基本的な診療に関する情報を。
Facebookでは、日常の小さな一コマ+初診の方のための空き時間情報。
そしてここブログでは医療に関する情報を。

医師としての自分自身のスタンス、治療の時に何を大切にしているのか
等々語り始めると、ついつい熱が入りすぎ、
書いては消し、書いては消し、と繰り返しているうちに
どんどん長くなってしまうのです。
こんな暑苦しい文章載せにくいなーと思ってお蔵入りになったものが多々。

現在当院に通ってくださっている方々は
ほとんどがネット検索で当院を探し当ててくださっているようです。
はじめての医療機関にかかるときは、
どんなルールなのかな、どんな先生なんだろうと想像し、
皆さんかなり緊張なさると思います。もちろん私が患者として医療機関を訪れるときも、やはりかなりドキドキします。

「かかってみようかな」と考え、でもなかなか勇気を出せない方が
少しでも受診しやすくなるように。
安心していただけるように。

そんな情報発信をしていけたらと願っています。

秋本先生を見習って。
「継続は力なり」ですね!


山本亜希メンタルクリニック
03-3230-0002
ウェブサイトはこちらをクリック
Facebookにて初診の方の空き状況の目安をご案内しております。
2016.09.13 Tue l 日常 l top
2016年現在、日本では世界でも珍しい、恵まれた「国民皆保険」の制度によって
誰もが「望んだときに自ら選んだ医療機関で」「低額な自己負担で」治療を受ける権利を有しています。

体調に不安を感じたときに、何週間も何か月も待機をすることなく
費用の心配をしすぎることなく医師の診察を受けられることは大きなメリットです。

しかしながら、この制度には大きな弱点もございます。

例えば。
何箇所もの医療機関に同時にかかっていると、
医師どうしで治療の情報が共有されにくく、
どうしても併用薬の把握や確認が不十分になりがちです。

その結果、似た成分のお薬を複数の医療機関から処方されたり
中には、「併用してはいけないお薬」や「併用が禁じられているお薬」が
同時に処方されてしまうということも不幸にして起こり得ます。

このような確認不足に起因するケースのみならず
そもそも複数の疾患をお持ちの方や
病状が安定しない時期の方は
治療上やむを得ず多種の薬剤を同時に処方される
「多剤投与」となるケースが少なくありません。

患者さんの身体への負担も増大しますし、
医療経済的にも大きなダメージです。

このような危険を最小化するため、
この春から「かかりつけ薬局」をもつことが国の政策として奨められています。
「かかりつけ薬局」を利用することで、患者さんも支払額が軽減されるというメリットがあります。

一方で、医療機関において「多剤投与」を減らす取り組みを促す為、
今春の診療報酬改定により医療点数の算定ルールが何点か変わりました。

その一つとして、医療機関で、種類のお薬を処方されていた患者さんが
病状の好転などでお薬の種類が減った際に
一定の条件下で、
「薬剤総合評価調整管理料」という点数の加算が認められることとなりました。

患者さんの窓口での自己負担額は数百円あがってしまうこととなり
お支払いの際にびっくりされることもあるかもしれませんが、
国の政策としてこのような制度があるということを
頭の片隅に是非とどめておいていただけたらと思います。

私自身、「できるだけ処方の種類は少なくシンプルに」を心がけてはおりますが
お薬の切り替え中の方や内科の併用薬がある方には
それが叶わないこともあり、
安全性を確保しながら最適な治療を行うためにできる工夫がないか日々模索しています、


最後に、通院中の皆様へ。
お薬に対して、不安に感じることや疑問に感じること、ご要望があれば
遠慮なく診察のさいにお話し下さいね。

わたしは、安心して服薬していただくために、
お薬に対する説明を誠実に行うことも
医師の大切なお仕事だと考えていますので・・・

それでは、
連休の方はよい休日をお過ごしくださいませ。
ご出勤の方は、気温の変化に負けずによいお仕事ができますように!

2016.05.02 Mon l 診療 l top