山本亜希メンタルクリニックのブログ ~千代田区 九段下より~
急激な世の中の変化に誰もが直面せざるを得なかった2020年が
間もなく終わろうとしています。

振り返れば、昨年の今頃は
今とは別の意味で心穏やかでない日々でした。

右膝の「離断性骨軟骨炎」の治療のために
1月から2月にかけ1ヶ月の間、仕事から離れる予定でしたので
入院の準備に追われつつ、
留守の間に皆さまにおかけするご迷惑を最小限にするべく
紹介状や治療経過のサマリーなど
手首が腱鞘炎になりそうな勢いで書類の作成に勤しんでおりました。

それでも。
どれだけ入念に準備をしようと
担当医が1ヶ月入院をすることが患者さん達に与えるインパクトは
ゼロにすることなど到底できるはずもなく。
院長が戦線離脱するクリニックを守るスタッフの皆様のプレッシャーもいかばかりであったことでしょう。

今でも申し訳ない思いでいっぱいです。

幸い、手術は成功して術後の経過も良好、
予定通りに退院して業務に復帰することができました。

主治医の先生、病棟の看護師さん、リハビリ室の皆様、技師さんやクラークさん達、事務スタッフの方々
また同時期に入院していた同志のような皆様には
本当によくしていただき
なんの不安も不満もない、安定した入院生活を送れました。
ただただ、感謝するばかりです。

久しぶりに自分が「患者さん」の立場におかれることで
医療の仕事の温かさ、素晴らしさを改めて感じることができたのも大きな収穫でした。

クリニックに戻ったあとも
たくさんのご心配、ご不便をおかけしたにもかかわらず
患者さん達に温かく迎え入れていただけて
お気遣いの言葉もたくさん頂戴しました。

皆さまから受けた優しさを、今度は私も別の誰かにきちんとお返ししていけたらよいな、
そんなふうに思っています。




退院後、身体の回復はすこぶる順調でした。
しかし、冬の終わりから私達をとりまく世界がみるみるうちに形を変え始めます。

新興感染症の蔓延による社会の変化、生活の制限、娯楽の喪失、
人々の絆の分断。

こんな残酷な世の中でコンディションを保つことは容易ではありません。
辛い思いを抱えている患者さんに対して
自分が医師として十分な対応ができていないように感じられ、
今年の春から夏にかけては
自分の心も激しく右往左往していました。

目の前の患者さんの苦しみを和らげ、安心感を持ってもらえるように伴走するのが
医療の大切な役割だと
これまで信じて疑っておりませんでしたが
「こんな過酷な状況で私が手伝えることなど何一つないのではないか」
と、無力感が日に日に大きくなっていたのです。

大切なものとのかけがえない時間を奪われ
経済的な不安を抱え
未来への希望を見失っている方々に寄り添っていくには
わたしはあまりに未熟で力不足でした。

一介の町医者にできることなど
決して大きなものではございませんが
「一隅を照らす」という気持ちで
目の前の患者さんに対してはいつも真摯に向き合ってきたつもりです。

ところが、このコロナ禍で
多方面から急激な変化が起こり、先の見えない状況が数ヶ月に渡り続き
目の前が真っ暗闇すぎて
「なにをどう努力しようと、もう光など差してこないのでは…」
そう感じてしまい、何度も気持ちが萎れかけました。

そんな時、私を引き上げてくれたのは
入院生活で得た医療への思いや
待っていてくれた皆様の温かい言葉でした。

膝にメスが入った直後は、腫れるし熱は出るし
足を真下に下ろすと下半身に激痛が走り
脚がしびれてしまい、椅子にも5分と座っていられない状態でした。
そこからわずかひと月足らずで、自分の足で立って歩いて家に戻れたのは
「たくさんの方が自分の帰りを待っているのだから
早く元気になりたい」という強い願いや
自分自身の身体の回復力があり、
それをうまく引き出すような適切な治療とケアを提供していただけたからに他なりません。

「回復したい」という患者側の願い。
「よくなるためのお手伝いをしたい」という医療者側の願い。

この二つの望みが両方バランスよく循環して
医療は初めて成り立つもの。

医療者側が勝手に絶望して未来を黒く塗りつぶしてしまい
患者さんの願いに寄り添うことができないなんて
大変に失礼なことだと気づいてからは

今は先が見えなくても、
前を向いて、一歩ずつでも進んでいこう。

そう思えるようになりました。





なんだか、どんなに推敲しても
ちょっぴり湿っぽい文章になりお恥ずかしいです。
これも今の自分の偽らざる気持ちなので
ひとまずはこのまま綴っておきます。




困難な状況はまだまだ続きそうですが

どうぞ皆さま、
「正しい知識をもって、怖がりすぎず、油断しすぎず」
リスクとベネフィットのバランスのとれた冷静な行動をおとりください。

ひとりひとり、できることを積み重ねて。
次のお正月は気兼ねなく大切な人と笑いあえる、
平和な日常が戻りますように。

今年一年、ありがとうございました。
皆さまどうぞ良いお年をお迎えください。
2020.12.31 Thu l 診療 l top
まずは、院長の現時点での基本的な考え方

1.
基本的な感染予防策はこれまで通り継続しましょう。
(特に手洗いと飛沫感染防止のための換気、ソーシャルディスタンス)
※マスクについては賛否両輪あり、有効/無効両方のエビデンスが出てきていますが
 現状では世論を鑑み個人的には「マナー」と解釈して装用を継続しています。


2.
発熱や倦怠感など、風邪症状のある時は他者との接触を可能な限り控えましょう。

3.
上記1.2.を意識した上で、以前の生活に出来る限り近づけることが
国や社会の未来の安定のために必要です。





現状、日本では(理由はまだ明らかではありませんが)
新型コロナウイルス感染の重症者や死亡者は顕著な増加は見られません。
過度な自粛による経済の崩壊、心身の変調のほうがはるかに大きな問題です。

これまでも私たちは種々の病原体の漂う中をたくましく生き抜いてきました。
新型コロナは、当初「未知のウイルス」でしたが
今は戦い方、身の守り方がだんだんとわかってきている段階です。

大きくとりあげられることがなかっただけで、
感染症は生物の身体を蝕み、それなりの数の犠牲を出してきていました。

肺炎で亡くなる日本人は年間約10万人。
そのうち約半数、約5万人が「肺炎球菌」が原因といわれています。
「インフルエンザ」感染により亡くなる日本人も近年は年間3千人程度。

それでも、会いたい人に会って行きたいところに行く生活を
我々は続けていました。

感染症を完全に「制御」「撲滅」をすることは難しく
ある程度の犠牲を出すこともやむなしとして社会生活を営んでいたのです。

新型コロナウイルスは、当初は致死率や病原性の高さが未知でしたから
最悪の事態を想定して
「人と人の接触を厳しく制限し可能な限り感染を広めない」ことに世界中が注力しました。

情報と経験の少なさから
その時はそうすることが最善の選択だと信じるほかなかったからです。

しかし。
この新興感染症が蔓延して数か月。
ある程度戦い方や予防の仕方がわかってきた今は
考え方を変えていくことが必要なフェーズに入っていると言えます。

陽性者は増加していますが、
気温と湿度の下がる時期に数が増えるのはウイルスの性質を考えたら当然です。
(そして、見逃されがちですが 陽性者が必ずしも感染者とはいえないのに
 同列にしか扱われない現状に大変胸を痛めています…)

数のインパクトは確かに人々の心を動揺させます。

それでも、経済を破壊し夢や希望を奪い、多くの人が健康を損なうことにもつながる
「過剰な自粛」は、二度とするべきではありません。

陽性者数だけに目を奪われてしまうことのないように、
バランスよく、様々な情報を能動的に手に入れて
健康な生活を皆さんに送っていただきたい。

このように考えています。

新興感染症の蔓延によって、世の中が思いもしない形で急激に大きく変貌してしまいました。
経済的に困窮している方、仕事や居場所を失ってしまった方、
夢や希望が見えなくなってしまった方の多さを
日々、診療にあたる精神科医として肌で強く感じています。
(もっとも、医療費すら捻出できずにいる方や受診につながらない方もおられるでしょうから
現状は私の想像よりも遥かに深刻なのかもしれません。)

我が国の現状。
10月に新型コロナウイルス感染で亡くなった方は主に基礎疾患のある高齢者、188人。
(しかも、新型コロナウイルス感染が主な死因ではない方も含んでいます)
一方で自殺者は614人。
その大半が、この世の中の変化からなんらか影響を受けているであろうことは想像に難くありません。

守るべき人は引き続きしっかり守りつつ
医療の崩壊は極力防ぎながらも
生活を、経済を破壊しないための方策を
精神的に健康でいられるためのバランスのよい行動様式を
一刻も早く取り戻さなくてはいけません。

政府の方針も、現状では
「人と人との接触を極力減らす」ということではなく
「感染拡大を防止しながら生活を次第に元に戻す」方向に変わってきていることは明白です。

当院でも、緊急事態宣言下ではご希望の方には理由を問わず電話診療を行っておりましたが
現在は対面診療を原則としています。

様々な価値観、考え方があることも理解をしていますが
偏った情報や恐怖に基づいて
適切ではない行動をとってしまいそうな方がまだまだ多いのです。

「感染が怖いから通院をしたくない」という方。
上記のような客観的データをご覧になったうえで、
もう一度しっかりと考えてみてほしいのです。

それでもなおご通院に不安のある方は、
ご自宅近くに治療の場所をうつすことや、
訪問診療を行っている医療機関やオンライン診療を行っている医療機関に転院することも
選択肢の一つかとは存じます。

詳細は、診察の際にご相談しましょう。

賛否両論をいただきそうな記事ですが、
ここで世の中の空気がどう変わっていくかで
日本の未来が左右されるという強い危機感があり
少し強めの表現も含みつつ筆をとりました。

少し厳しく感じられる方もおられると思いますが
どうか、ご理解いただけましたら幸いです。

2020.11.13 Fri l 診療 l top
(8/5にクリニックのFacebookに投稿した記事を一部再編して掲載しています)

新型コロナに関して。
以前から自分に言い聞かせているのは
「正しい知識を身につけて常にアップデートする」
「標準的な感染予防策を怠らない」
「怖がりすぎず、油断しすぎず」
ということ。

ここ数週間の検査数と陽性確認者の増加傾向。
どのようにとらえ、どのように立ち向かうべきなのか。
ひとりひとり、しっかり考えて判断していかなければいけない段階です。

何に気をつけるのか。
してよいこと、悪いことの境目はいったいどこにあるのか。

どこにフォーカスするかで、判断が異なることも少なくなく
あちこちに悲しい「分断」が生まれてしまっています。

感染が怖くて外出を控えた結果、
孤立を深めてしまっている方が少なからずいます。

比較的若年層であっても
下肢の筋肉が衰えて家の中で転んで怪我をしてしまう方も。

娯楽が減ってしまいメンタルのバランスを崩している方、
アルコール量が増えて家族との関係にヒビが入っている方も増えてきています。


感染拡大の防止。
言うまでもなく、とても大切なことです。
ある程度正体がわかってきたとはいえ、
人体に及ぼすダメージの大きさを考えれば
用心は絶対に必要。

それでも。
人々の心の健康が益々蝕まれていくこと、
経済活動に支障をきたした結果、職を失う方々の数も今後次第に大きくなっていくこと、
これらにも十分に警戒していかなくてはいけません。

警鐘を鳴らすためにある程度やむを得ないこととはいえ
不安につけ込むような偏った報道が多すぎることはずっと気がかりなまま。
最近は陽性者数の増加がしきりに取りざたされています。

「PCR陽性者」を「感染者」と言い切ってしまう人があまりに多い。
なんとかならないものでしょうか…

※ 検査には当然、偽陽性や偽陰性が存在します。
※「PCRで陽性」イコール「感染」とも断定できません。

もちろん、常に数字をみながら
認識や行動様式はアップデートが必要ですが、
過度に恐れなくても大丈夫なんですよ、という見解も
出始めていますので
少しでも恐怖心をやわらげるために、下記のような提言も
ご参考にしていただけたらと思います。

慈恵医大の大木先生の提言はこちら


8/5 Yahooニュースに掲載された、日本総合研究所の調査部長、枩村 秀樹さんの執筆記事はこちら


この時点から比べると、じわじわと勢いは広がってはおり
重症者数も増えてきています。

しかしながら、私たちが日常生活の中で知らずに背負うリスク
(インフルエンザ等の他の感染症の罹患、交通事故等々)等を勘案すると
決して(少なくとも日本においては) 「未知の、恐怖の感染症」ではないとも思っています。

先日、今年4-6月の国内総生産が前年同期対比で-27.8%(年率)という恐ろしい数字が明らかになりました。
2008年のリーマンショックでは日本国内で95万人が職を失いましたが
今回のコロナ禍ではさらに多くの方が仕事を失うでしょう。
総務省の統計(労働力調査)によれば6月末で既に日本国内で195万人が失業の状態。
そしてこの冬以降、内部留保の底がつきた企業の倒産が激増するとささやかれています。

このあたり、力説しすぎると「不安を煽る言説」になってしまうので自主規制いたします・・・

気を付けるべきところは引き続き気をつけながら
過度の自粛や萎縮に陥ることなく
心の健康にも留意しながら皆さんが生活していけることを願うばかりです。



2020.08.23 Sun l 診療 l top
(クリニックのFacebookに投稿した記事の一部改変、転載です)

2020年も折り返し地点を過ぎました。

これまでにない、なんとも濃密な半年間だったと思います。

1月に膝の手術のための入院、長期休診。
復帰後、世界中で猛威を振るう新興感染症。
移動や娯楽に制限を受けつつ、
不自由な身体や変わってしまった世界といかに向き合い、日々を過ごしていくべきか。
そんなことを考える毎日でした。
(おかげさまで膝は順調に回復して、
今は日常生活で不便を感じることがほぼない状態になっています!)

昨今の感染症に対する報道には、物申したいことが本当にたくさんあります。
でも、大きな声をあげることで
価値観や考え方の合わない人たちの攻撃を受けるのではないかという恐怖も拭えません。
それぞれの感じ方、それぞれの正義があるので本当に難しい問題ですね。

知識は人を勇気づけ、正しい方向に導いてくれます。
しかし、中途半端な見識や不十分な理解は逆に道に迷う結果を引き起こしかねません。

最近の一番強い違和感は、抗体に関する誤解の蔓延。

”抗体”の概念は
「外敵にとりついて自分を守ってくれる」と直感的に理解しやすく、頼もしさを感じさせるので、
独り歩きしやすい側面があるのでしょう。
しかし。「抗体があるから安心」あるいは「抗体がないから不安」という
誤った認識を持っている方が多すぎる現状に、強い危惧を抱いています。

「まだまだ抗体保有率が低い。
 だからこのあと第二波、第三波が必ずやってくる!」という誤解
をしている人が、
医師も含めあまりに多いことに驚きます。
人間の免疫システムは抗体によってのみ担われているわけではありません。
そして感染して抗体を産生するようになった個体においても、
それが一生涯の防御を担ってくれるという証拠も現段階では明らかではないのです。

コロナウイルスの大流行を経験し「恐れ過ぎず、油断しすぎず」のさじ加減を適宜微調整するために、
たくさん論文を読むようになりました。

ここ数年、雑誌に掲載される前の「査読前論文」を無料で公開しているデータベースが複数あります。
私の学生時代にはありえなかったことです。すごいなぁ!

査読前論文は最終的に誤りが指摘されたり、取り下げられたりすることもあるので
取捨選択にある程度の慎重さは求められますが

ここ1-2週間の間、複数の研究者が

●新型コロナに関しては、無症状感染者や軽症者は抗体が作られにくい。
 血液中に抗体が検出される期間もそう長くない。

●しかし、無症状感染者や軽症者で抗体が作られなかったケースの多くで、
 抗体を介さない「細胞性免疫」による免疫機構が働いている形跡が認められる。

●抗体だけを指標に判断すると、実際の感染既往者を少なく見積もってしまう恐れがある。

という報告をしております。
これは、「抗体保有者が多くなくても集団免疫は成立しうる」という仮説を支持するものです。

「交差免疫」という考え方もあります。
新しい病原体が体内に侵入したとき、過去に構造の似た病原体を撃退したことのある個体は、
既にもっている免疫を使って新しい病原体をも撃退できるという現象です。
ありふれた風邪のウイルスである、新型ではないコロナウイルスに感染した経験のある方の免疫システムが、
新型コロナウイルスにも有効であるという仮説も唱えられ、それを支持する研究結果も報告されています。

過剰に恐怖だけを煽る報道は、百害あって一利なしですよね・・・

免疫の役割、抗体の役割はこれからもっと明らかになっていくと思います。
その知見が、治療に役に立ち、私たちの平穏な生活の助けになるよう、正しく共有されていくことを祈っています。


2020.07.01 Wed l おしごと l top
ブックカバーチャレンジの加筆修正版 第二日目

よしながふみ先生の漫画も大好きです。

歴史もの、自伝的作品、学園もの等々幅広いジャンルの作品を描かれていますが
過剰な言葉を重ねずにキャラクターの心情を伝えること
多くを描写することなく、強い強い説得力をもたせるストーリー展開に惹かれます。
もちろん絵もとてもきれい、キャラクターが個性豊かで実に魅力的なところも
よしなが先生作品の大好きな所です。

その大半は「ジェンダー」の問題を巧みに絡めて描かれており
現代のようにLGBTが人々の話題になりやすくなる以前の90年代から
ゲイの世界を商業誌で描いたり(そして少々アングラな?世界でも描いたり)しておられました。

どれをとっても名作しかないのですが
「大奥」 「西洋骨董洋菓子店」 「きのう何食べた?」等々のヒット作だけでなく
「愛すべき娘たち」「こどもの体温」といった短編もしんみり来ます。

いま一番読みたいのは「フラワー・オブ・ライフ」
大ブレイク前は大学を舞台にした漫画はありましたが
高校生の日常を描いた作品は珍しいように思います。

淡々と日常を描きながらも細やかで鋭いするどい人物描写はさすがの一言で
遠く過ぎ去った思春期、青年期の悩みを思い出して「あー!その気持ち!わかるわかる!」と
ぶんぶん首を振って頷きたくなります。

生活に疲れたなーと思う時にふと読みたくなる。

いま手元にないので画像はAmazonから拝借いたしました。

bc3.jpg


2020.05.27 Wed l 未分類 l top